YouTube でたまたま知った動画に驚いたんです。
モデムの説明をしていて、しかも BBS へ接続して書き込み、
チャットもしていました。
インターネットが普及する前のパソコン通信を今行なっていたのです。

そこで、ふと思った事。

日本に 草の根 BBS(個人などの小規模で運営するパソコン通信掲示板)は
まだ残っているのだろうか?

……あるんです。さすがに指で数えられる局数になっているようですが、
まだ運営していました。Telnet で今すぐ接続できます。

で、考えたのです。

  • 手元には朝から晩までほとんど使っていないパソコンがある。(しかも元々サーバ仕様)
  • パソコンを動かしっぱなしでも 1 日数時間分の電気料金がコストで増えるだけ。
  • だったら BBS を運用しても良いのではないか?

と。

Windows 10 から Telnet 接続

作りました。開局しました。

パソコン通信時代、BBS の運用経験があります。
学校依頼で運営していた事もあって、何局か運営していたのですが、
一番最初が「ふうせんのおへや」だったのです。たしか。
でも画数診断の結果「ふうせんのへや」で改める事にしました。

Windows 10 から Telnet 接続

今使っているパソコンやスマートフォン・タブレットから接続もできますが、
可能であれば試してもらいたいのが、古いパソコン等からの接続です。
RS-232C から Wi-Fi などに変換して接続する方法があります。
Raspberry Pi や ESP-WROOM-02 を使用可能です。ただしシリアルが 3.3V UART なので
TTLーRS-232C 変換が必要になります。このモジュールも存在しています。
電子工作経験している人なら IC だけ入手してブレッドボードでも試せそうですね。
詳細は ふうせんのへや Web ページ 内で紹介しています。

パソコン通信を蘇らせて、楽しんでいただければ幸いです。


追加 2019/11/12

ふうせんのへや 単独で Web サイトを設置していたのですが、
特に更新すべき情報がなく、参照も少なめです。
草の根 BBS 関連では「草の根 BBS のつかいかた」の参照が増えていて、
こちらに ふうせんのへや を入れていて、
サーバダウンなどの情報はこちらで案内できるため、
ふうせんのへや Web サイトは閉鎖しています。

ふうせんのへや は開局から 1 年経過しました。もちろん接続可能です。